インターネットビジネスで抑えておきたい5つのインフラインターネットを積極的に活用して
ビジネスを展開する時に
抑えておきたいインフラがあります。

もちろん、全体になければ
ビジネスが成立しないというものではなく
活用した方がより正確に、より早く
ビジネスを進めることができるということです。

たとえば、大阪から東京へ向かう場合、
江戸時代さながらに徒歩で向かう
ということも可能なわけですが。

当然のことながら、途方もない時間を
要するのは言うまでもありません。

ローカル線を乗り継いで行くことも可能ですが
徒歩までは時間は掛からないものの
それなりの時間を要してしまいます。

現代において整備されているインフラの中では
やはり、新幹線を利用するのが一番早く、
正確でしょう。迷うことがないですからね。

このようにインフラの活用の仕方によって
求める目的への達成効率が
全然違うものとなります。

もちろん、掛かるコストも違うわけですが
時間をコストを捉えた場合に果たして
どちらが効果的かは言うまでもないでしょう。

価値観の違いにより捉え方は様々ですが。

ともかくインフラを効率的に活用することは
ビジネスを効率的に進めるには
最早必須であると言っても過言ではありません。

今回はインターネットを積極的に活用して
ビジネスを効率的に進めるために抑えておきたい
5つのインフラをご紹介します。

サーバー

サーバーホームページを持つにしろ
ランディングページ(LP)を作成するにしろ

はたまたメルマガ配信であったり
大容量のコンテンツ提供であったりと

これらにはサーバーがなくてはなりません。

サーバーとはインターネットを介して
他のデバイスへいろいろな機能や
コンテンツ提供を行うためのものですね。

サーバーには様々な価格帯のものがあり
レンタルサーバーの提供会社によって
その容量や機能には様々なグレードのものが
用意されております。

たとえば、ランディングページ(LP)を
置くだけの簡単なものであれば
安価なサーバーで問題ありません。

しかし、大容量のコンテンツを
提供しようした場合、提供先が多すぎると
アクセスをが一気に集中したりして
サーバーがダウンするなどの問題が
発生することがあります。

なので、サーバーの使い方いかんによって
サーバーのグレードを使い分けないといけない
というわけですね。

もちろん、レンタルサーバーではなく
自社サーバーを持ってビジネスを展開する
ということもできますし、

それ相応のサーバーを持続して
持つことができるのであれば
それに越したことはありません。

インターネットを活用して
ビジネスを展開するのであれば
まずもってサーバーが必要である
ということを覚えておきましょう。

ランディングページ

ランディングページランデングページもホームページの中の
1つですが、あえてランディングページと
表記することでホームページと区分け致しました。

ランディングページとはあなたが販売する
商品やサービスを直接販売する為の
セールスページの役割を果たすものであったり

セールスに至る前に信頼関係を構築するために
見込み客の情報(連絡先)を
集めるためのものだったりします。

このランディングページがなければ
商品やサービスを販売するどころか
見込み客を集めることさえ
ままならないというわけですね。

もちろん、ブログなどの他の媒体に
注文フォームや連絡先の登録フォームを
設置しておくことでランディングページなしでも

商品やサービスを直接販売したり
見込み客の情報(連絡先)を
集めることも可能です。

ただ、ランディングページを経由させることで
成約率のアップが見込めますので
インターネットビジネス活用して
ビジネスを進めるのであればランディングページは
あった方が良いと言っておきます。

集客用ホームページ

集客用ホームページ

ランディングページもある意味
集客用のホームページなわけですが
ここで言う集客用のホームページとは
ブログのことです。

オウンドメディアという言い方もしますね。

あなたの商品やサービスを販売する時に
ターゲットとする見込み客層がありますよね。

このターゲットに向けて日々情報発信することで
より濃い見込み客を集めるためのハブとするのです。

もちろん、ブログだけで集客する
ということではなく(ブログだけでも可能です。)
各種SNSを併用してよりアクセスの集まりやすい
媒体に仕上げていくわけですが。

この軸となるブログがあることで
効率的且つ効果的に見込み客を集めることが
できるようになります。

巷で見る会社案内用のホームページとは
一線を画してください。

会社案内用のホームページが
不要だとは言いませんが
あくまでも名刺代わり程度にしかならないので
その利用の仕方には限界があります。

時間と労力を要するものとなりますが
コツコツとターゲットに向けた
情報発信を続けることで
時間の経過とともに見込み客が集まる媒体に
成長することは言うまでもありません。

リスティング広告用アカウント

テスト届くかな日本におけるリスティング広告は
・Google広告
・Yahoo!広告
この2つを覚えておけば問題ありません。

リスティング広告とは、
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで
検索を掛けた時に検索結果とは
別に表示される広告のことです。

つまり、Google広告やYahoo!広告に
お金を支払ってあなたのサイトを検索結果に
連動して表示させることができるのですね。

本来、この目的は集客用のホームページを
運営することでまかなうわけですが
立ち上げたばかりの集客用のホームページは
まだまだサイトとしての力が弱いので
検索結果で上位表示することはありません。
(キーワードによっては可能ですが)

そこで、検索エンジンに最適化されていない間に
リスティング広告を使って
フォローする役割を担うわけです。

また、リスティング広告の役割は
それだけに留まりません。

ニッチなキーワード、お宝キーワードを探したり
ABテストを繰り返すことでサイトの
最適化を図る役割も担っています。

とにもかくにもリスティング広告を活用することで
今すぐ集客に取り掛かることが可能となりますし
サイトを育てていく為には
必須であると理解しましょう。

だからこそ、リスティング広告用アカウントを
取得しておく必要があるということです。

配信スタンド

配信スタンドメルマガを発行するためのものですね。

業種によってはメルマガが不要である
ということもありますが
多くのビジネスにおいてまだまだ有効です。

なぜなら、待ちの媒体であるホープページとは違い
こちらからダイレクトにアプローチを
仕掛けることができるものだからです。

昨今ではLineやメッセンジャーなどの
ツールの方がコミュニケーションを
取りやすいこともあります。

ただ、ことセールスに至る最終プロセスにおいては
やはりメルマガの方が良いでしょう。

なぜなら、Lineやメッセンジャーは
あくまでもコミュニケ―ションツールであり
セールスツールとしては適さないのです。

あたなが商品やサービスを販売したいとき、
ホームページ上で公開するだけでは
思うように販売することができないかもしれません。

もちろん、比較対象となるものが他になく
且つ、すばらしい商品で提供する価値に比べて
安価であれば放っておいても売れることでしょう。

しかしながら、そのような商品を永遠に
作り続けることは困難ですし
より効率よく販売する手法があるのであれば
使わない手はありませんよね。

見込み客を含む顧客との信頼関係の構築にも
非常に有用なものですし、
インターネットビジネスを活用するのであれば
持ち合わせておきたいインフラの1つです。

ただし、メルマガを活用するにおいては
注意すべき問題があります。
それは・・・

メールが届かないということがあるということです。

メルマガのことをご存じない方や
メルマガを始めたばかりの方には
信じがたいことかもしれません。

しかし現実問題として発行したメルマガが
相手のメールの受信BOXに届かない
ということは多分にあります。

『迷惑メール』というのをご存知でしょうか?

メールを普段から使われている方なら
ご存知だと思いますがメールには
様々なアルゴリズムにより
メールを迷惑メールと判定する機能があります。

迷惑メールと判定されてしまう原因は
たくさんありますが
大きな要因の1つに配信サーバーがあります。

詳しくはここでは割愛させて頂きますが
メルマガを配信するサーバーそのものが
迷惑メールを配信するサーバーであるという
判定を受けることで、そのサーバーから
配信するメールが迷惑メールと判定されやすくなる
というわけですね。

このことから分かることは
メルマガを発行する際には配信サーバーを
注意して選ばなくてはならないということです。

せっかく発行したメルマガが
相手のところまで届かないのであれば
発行する意味がないですからね。

ビジネスの効率を高めるという意味においては
まず最初に注意すべきことだと言えます。

とにもかくにも多くの業種において
メルマガを発行することで
ビジネスの効率が高まることは間違いありません。

だからこそ、配信サーバーを持ち合わせることは
インターネットを活用してビジネスを進める上では
持っておきたいインフラだと言えるでしょう。

【補足】商品やサービス

商品やサービスこれまであなたが販売する商品やサービスが
あることを前提に書いてきましたが。

当然のことながら
販売するコンテンツがなければ
ビジネスは成立しない
ということは言うまでもありません。

これまでのインフラをどれだけ整えようとも
販売するコンテンツがしっかりしたものでなければ
売れるものも売れないわけですね。

そういう意味ではまず持って
販売するコンテンツが
重要であると言えるでしょう。

これはインターネットビジネスに
限った話ではなりません。

リアルビジネスにおいても
商品やサービスがなければ売ることはできません。

また、売るものが明確でないと
ターゲットも明確にならないですし、
なにも始まらないわけです。

そういう意味ではビジネスという括りにおいて
販売する商品やサービスは
まずもって考えるべきことですし、
ビジネスモデルこそが一番重要である
ということを理解しておきましょう。

■まとめ

ということで、
インターネットを積極的に活用して
ビジネスを効率的に進めるために抑えておきたい
5つのインフラをご紹介しました。

この5つのインフラが必ず必要であるかと言うと
決してそうではありません。

しかし、この5つのインフラが整うことによって
ビジネスの効率が格段に上がることは
間違いないでしょう。

何も始めていないところから、いきなり全てを
網羅してしまうのは難しいかもしれません。

まずは1つ1つできるところから
しっかりと進めていきたいものです。