仕組みのあるなし仕事を求める声。

ビジネスをされている方なら
誰もが口から出てきそうになるこの言葉。

バブルが弾けて以降、これまで
なだらかな景気回復を見られる動きが
多少あったとは言え

世の中の大半の肌感覚では
ずーーーーーーっと
不景気なのではないかと思われます。

その上、ここに来てのコロナウィルス。

緊急非常事態宣言もあり
多くのビジネスに影響が及んでおります。

特に飲食業やレジャー産業、
その他、人の往来に関わるビジネスは
軒並み大打撃を受けているとことです。

もちろん、この打撃は
ストレートパンチをもらっていない企業であっても
後々、ボディブローのように効いてくるはず。

本当に心配でしかありません。

そんな中、とある2人の社長のことを
思い出しました。(昔のことですが)

そんなわけで・・・

お付き合いのある外注先さんで
同業で同規模クラスの
2人の社長さんがおられます。

お一人は「お仕事ございませんか?」
と、よく連絡してくるA社長さん。

もう一人B社長はほとんど会社にいません。
しかし、会社はガンガン回ってます。

この違いは何なのでしょうか?

A社長さんは働き者で朝から晩まで
現場に入って一作業員として
仕事をこなしておられます。

よくおっしゃることことの1つに
「俺がいなかったら現場が止まってしまう。」
という言葉が出てきます。

かたB社長はほとんど
現場には入らずもっぱら外回り。

営業したり、関係会社へ行ったりと
情報収集をしているようです。

たまにお会いすると、
「会社におってもする事ない。」
とおっしゃるのですね。

この二人の違い分かりますでしょうか?

『仕組み』を作ることの重要性

『仕組み』を作ることの重要性中小零細企業の大半は社長がトップセールスマン。
社長のセールス力に頼っているというのが現状です。

当然ですよね。

そのビジネスのことを
誰よりも知っているのが社長ですし、
そのビジネスに対する思いや熱意は
他を圧倒します。

社長はビジネスの隅から隅まで目を光らせて
ああでもない、こうでもないと
事ある毎に指示・命令し、
きりきり舞いしています。

それゆえに人を育てようとするわけですが。

そもそも社長よりできる人材が育つなんてことは
現実問題として難しいことです。

はたまたそんな力量がある方は
なんだかんだと言っても
更なる力を発揮できる場所へと
移り変わっていくものです。

つまり、人材を育てようと思っても
育つまでにはそれ相応の
時間とコストが掛かります。

やっと育ってくれたかなと思えば去っていく
というようななんとも非効率的なことに
なっているというわけです。

では、どうすれば良いか?

人を育てなくても良い環境を作れば良いのです。

あなたのビジネスの事を熟知しているような
プロフェッショナルでなくてもビジネスが回る
『仕組み』を作ることが大切なんですね。

例えば、飛び込み訪問をすれば
100件に5件は必ず成約を取ってくる
敏腕の営業マンがいるとします。

しかし、そこにノウハウは無くその営業マンの
セールストークや上手く相手の心を懐柔する
生まれ持った資質であったりが大きく影響します。

それは他の人に簡単に真似できるものではありません。

仮にそういった営業マンを育てようと思っても
なかなか思うように育ってくれません。

100件の飛び込み営業をしても
1件しか成約できないとか
さもすれば1件も成約できない
なんてことも珍しいことではありません。

そもそも100件の飛び込み営業をすることすらできない
というのが実情ではないでしょうか?

それゆえに、それ相応のスキルを持ち合わせていない
ごくごく平均的な人であっても回る
『仕組み』が必要だというわけです。

どのような『仕組み』が必要なのか?

どのような『仕組み』が必要なのか?その前に、ビジネスの流れというものを整理しておきたいと思います。

ビジネスの流れというのは

・見込み客を集める

・見込み客を顧客にする

・顧客に繰り返し購入いただく

ということになります。

もちろん、繰り返し購入してもらうことのハードルが
初めから高いビジネスモデルもあります。

そんな場合でも、何らかの関連商品やサービスを
リリースすることによってリピートセールスは
実現可能できるので基本的にはこの流れですね。

つまり・・・

・見込み客が集まる『仕組み』
・見込み客を顧客にする『仕組み』
・顧客に繰り返し購入していただく『仕組み』

ができれば安定したビジネスモデルが
出来上がるというわけです。

取り扱う商品やサービスにもよりますが
手当たり次第に飛び込み訪問しまくるローラ作戦や
電話帳を片手に片端から電話を掛けまくるセールスは
非効率極まりないと言わざるを得ません。

仮に見込み客を集める事ができても
その確立はすこぶる低いことでしょう。

さらに顧客化するには・・・
ということです。

なんと言ってもこちらから
売り込んだものですからね。

信頼関係も築けてなければ
商品やサービスに対する関心度が低いところから
スタートしなければいけないわけですから。

つまり、まずもってやるべきことは
いかにして見込み客が集まる仕組みを作るか?
ということなのです。

まとめ

仕組みが無かったA社長と
仕組みを作ったB社長の違いを例に
『仕組み』を作ることの重要性をお伝えしました。

一見、社員を育てることは『仕組み』とは
全然関係のないものに思えるかもしれません。

しかしながら、あなたが本来やるべきことに
多くの時間を割けるようになるのであれば
これは立派な仕組みの1つですよね。

もちろん、これは個人ビジネスとして
一人でビジネスを切り盛りされていたとて
同じことです。

外注委託を使うことでこれらの仕組みの一部は
充分に補うことができるはず。

要は自分自身でやっていたことを
あまり手間隙を掛けずに回るようにすることが
『仕組み』化の一歩でもあるのですね。

それを可能にするのも
業務の『仕組み』化にあります。

・見込み客が集まる『仕組み』
・見込み客を顧客にする『仕組み』
・顧客に繰り返し購入していただく『仕組み』

ビジネスを効率的に展開するためにも
これらの仕組みを作って行きましょう。